MONKEY - 遊び好きで賢く感性豊かな猿

MONKEY

遊び好きで賢く感性豊かな猿

Sorry, we will rewrite this page in English…

サル(猿、Primates)は、霊長目のうちヒトを除く哺乳類の総称です。

ヒトに最も近縁で知能が高いとされますが、中国を中心とした東アジアにはオナガザル科とテナガザル科の猿が生息し、孫悟空のモデルとされるキンシコウや、古くから王侯のペットとして飼われていたテナガザルなど、ヒトとの関係性や類似性が注目されてきました。

東アジアの猿の多くは、山林で生息し、雑食で樹上生活に長け、群れを作って社会を形成しています。

  1. MONKEY
  2. QI-GONG
  3. STORY
  4. GALLERY

猿の生態

UNDER CONSTRUCTION

猿戯の健康効果

猿戯(さるのぎ)は心(現代で言う脳)を鍛えます。機敏に動き、変幻自在の妙技を持つ猿の動きを真似することで、心神の主である血管を舒通し、頭脳を柔軟にし、心を開く効果があるといわれています。

猿勾(えんこう)

monkey-finger

五本の指先をつけ、手首を軽く曲げます。俊敏な動作で全身の神経を活性化させます。

※長期に渡り練習を行うことで少しずつ効果を表すものです。

猿戯のストーリー

monkey-qigong

「白猿歓跳」 猿が楽しく飛び跳ねる動きから始まり
「白猿転身」 走り回る
「亮篷遠望」 遠くを眺め
「白猿歓縦」 また飛び跳ねる
「白猿跪地」 地面へ跪き
「白猿攀枝」 ジャンプして枝をつかむ
「白猿摘果」 桃を掴み
「白猿托挑」 運び
「白猿献果」 捧げる
「白猿抓癢」 一仕事終え体を掻く

MONKEY QIGONG GALLERY

UNDER CONSTRUCTION

PAGE TOP