DEER - 伸びやかに草原を走る鹿

DEER

伸びやかに草原を走る鹿

Sorry, we will rewrite this page in English…

シカ(鹿、Cervidae)は、鯨偶蹄目シカ科に属する哺乳類の総称で、ウシのように4つに分かれた胃を持つ草食動物です。

ニホンジカ、トナカイ、ヘラジカなど様々な種の鹿が世界中の森林とその周辺の草地に生息しています。

鹿は、オスのツノ(トナカイはオス、メスともにツノがあります)が特徴ですが、毎年春に生え変わり季節の移り変わりとともに成長します。

春に食料の植物がいっせいに芽吹くのにあわせて活動が活発になる鹿は、春の象徴とも言えるでしょう。

中国に生息する鹿は、日本の鹿とほとんど同じ種類ですが、五禽戯の動物である虎と熊は鹿を捕食する天敵となっています。

  1. DEER
  2. QI-GONG
  3. STORY
  4. GALLERY

鹿の生態

UNDER CONSTRUCTION

鹿戯の健康効果

鹿戯(しかのぎ)は肝にあたり筋を鍛えます。鹿を真似た伸び伸びとした動きで血管の流れを良くし、肝臓の機能を助けることができるといわれています。

「鹿指」(かし)

deer-finger

中指と薬指を内側に巻き、親指、人差し指、小指をまっすぐに伸ばします。

※長期に渡り練習を行うことで少しずつ効果を表すものです。

鹿戯のストーリー

deer-qigong

「梅鹿伸腰」 小鹿が腰を伸ばす動きから始まり
「転頚運閭」 首をまわし
「麋鹿歓跳」 青年になった鹿が楽しく駆け回り
「成鹿亮角」 雄雄しい牡鹿になると角を誇り
「回手観足」 足元を振り返り
「翹首遠望」 遠くを見渡し
「返回鹿巣」 巣を探し
「覓巣扒草」 草を掻き分け
「安臥鹿巣」 静かに休みます

DEER QIGONG GALLERY

UNDER CONSTRUCTION

PAGE TOP