BEAR - 逞しさと穏やかさを兼ね備えた熊

BEAR

逞しさと穏やかさを兼ね備えた熊

Sorry, we will rewrite this page in English…

クマ(熊、Ursidae)は、食肉目クマ科に属する哺乳類の総称で、東北アジアではもっとも大型の哺乳類です。

ヒグマやホッキョクグマのように肉食性が強い種類から、ジャイアントパンダのように植物性が強い種類まで多様ですが、日本や中国に広く生息するツキノワグマは、森林に生息し、雑食性で、季節ごとに食料を変え、冬眠するその生態は、五禽戯の「季節の変わり目の動物」にふさわしいと言えるかもしれません。

熊には、これといった天敵は存在しませんが、熊が熊を襲うことがあり、熊自身が脅威となっています。ジャイアントパンダのように人間の保護活動によって絶滅を免れつつある種がある一方で、ホッキョクグマのように地球規模の環境破壊が種の存続を脅かしている種もあります。

  1. BEAR
  2. QI-GONG
  3. STORY
  4. GALLERY

熊の生態

UNDER CONSTRUCTION

熊戯の健康効果

熊戯(くまのぎ)は脾にあたり脾胃を鍛えます。良く食べ、たくましい体を持ち、慎重で力強い熊の動きを真似することで、脾胃の働きを助け、食物の消化吸収を促し、丈夫な体格をつくり、また睡眠・精神の安定を高めることができるといわれています。

「熊掌」(ゆうしょう)

bear-hand

五本の指をそれぞれ軽く開き、第一関節を少し曲げ、自然な状態を保ちます。

※長期に渡り練習を行うことで少しずつ効果を表すものです。

熊戯のストーリー

bear-qigong

「坐洞添爪」 お腹を空かせた熊が手を舐める動きから始まり
「黒熊探爪」 爪で辺りをならす
「笨熊遊走」 森を歩き回り
「笨熊猛撃」 獲物に襲いかかる
「笨熊晃体」 満腹になると体を揺らし腹ごなしをし
「笨熊推掌」 両手を突き出す(熊が森で遊びながら体を鍛錬する)
「笨熊抗臀」 お尻で体当たりをし
「貪能攀樹」 木に登り
「怒熊拔樹」 さらに木を引っこ抜く
「坐洞添爪」 よく運動してお腹が空いた熊が手を舐める

BEAR QIGONG GALLERY

UNDER CONSTRUCTION

PAGE TOP