華佗五禽戯の練習方法

「人体は運動を欲している、しかし極を過ぎてはならない」

Sorry, we will rewrite this page in English…

1. 動作は正しく行う

五禽戯は動功を主とした功法の一種で、形を以って気を導きます。よって動作の規格は非常に重要で、その全ての動作のそれぞれに特定の内容と作用があり、動作を正しく行うことで、その作用を得ることができます。

特に学習を始めた頃には正しい動作を意識します。なぜならば、学習の初めに学んだことは印象に残りやすく、後に修正するのは難しい過程になるからです。

2. 意識を正しく運ぶ

五禽戯は生体工学の気功に属します。それは五禽戯の様々な動きが中医学の理論に基づき編み出されたものだからです。

五禽戯は私たちの内臓を直接的に鍛錬することができます。中医学においては人体は五臓を核心とした一つの有機集合体と考え、五臓---五体---五官---五音---五志---五方などが密接な関係を持っていますので、正しく意識「意念」を運用することが五禽戯の練習に欠かせない重要なポイントとなります。

たとえば、虎戯の練習を行う時、獲物を探す動作では慎重な意識を用い、獲物を捕らえる動作では勇猛な自信に満ち溢れたを意識を用い行います。

このように五禽戯を練習するには、正しい動作と意念の運用を必要とします。

3. 意識の修養 

意識の修養は日常生活の中にあります。中医学においては、心の主は喜、肺の主は悲、肝の主は怒、脾の主は思、腎の主は恐と言われ、練習を通じ気が満ちてきたのであれば、その意識を修養しなければなりません。怒で気は上がり、悲で気は消耗し、恐で気は下がり、思で気は結び、喜で気は緩みます。このように情緒は人体に大きな影響をもたらしています。

4. たゆまず精進し根気よく続ける 

中国にはこのような言葉があります「活到老、学到老、還有三分没学好」、すなわち「一生をかけて学び、それでもなおかつ学び終えることはない」という意味です。これは積極的かつ謙虚な心で根気よく学ぶことが大切である、ということを諭しています。

5. 練と養を結合させる 

練とはすなわち鍛錬のことで、養とは休養のことを指します。鍛錬は度を超えてはならず、疲労を感じたら必ず休養しなければなりません。盲目的に修行を積むことは体を傷つけることになり、役に立つことはありえません。

『礼記』という古書の孔子の言葉にもあるように、「張而不弛、文武弗能也。弛而不張、文武弗為也。一張一弛、文武之道也。」すなわち、ある時は張り、そしてある時は緩める、それが文王・武王の政道である、という意味です。このように全ての道理の原理は共通した概念を持っています。

また華佗はこう語っています。「人体は運動を欲している、しかし極を過ぎてはならない。視(見る)が過ぎれば血を傷つけ、座(座る)が過ぎれば筋肉を傷つけ、行(歩く)が過ぎれば筋肉を筋つけ、寝(寝る)が過ぎれば気力を無くし、立(立つ)が過ぎれば骨を傷つける。」このように、練と養を結合させることは非常に重要なことです。

まとめ 

五禽戯はいくつかの動作や姿勢だけではなく、それらに相応する意念活動と呼吸法を備えています。これがスポーツと気功の根本的な違いです。程よい運動量で、幅広い年齢層の人々に適用し、異なった体質の要求に応えることができます。

PAGE TOP