華佗五禽戯の歴史と特徴

約1800年の歴史を持つ、中国気功や中国武術の鼻祖

Sorry, we will rewrite this page in English...

華佗五禽戯(かだ ごきんぎ)は、古代中国後漢末から三国初期に神医と呼ばれた名医・華佗によって創始され、約1800年の歴史があるといわれています。また現在に伝えられている中国気功や中国武術の鼻祖と呼ばれ、のちに発展した数多くの気功・武術の門派に、その思想と運動体系で影響を与えています。

華佗五禽戯は、創始以来、民間の健康法として各地に伝えられ、人々の健康に大きく貢献してきました。

1982年6月28日、中国政府の衛生部、教育部、国家体育委員会(当時)が、五禽戯を含む中国伝統健身法を医学系の大学が推奨する保健体育科の内容に加え、さらに2003年には、中国国家体育総局が新たに編集した五禽戯を、同じく国家が制定した「健身気功」の1つに加え中国全土に推奨し、普及されています。

華佗五禽戯の最も優れた特徴は、動物の動きを模範とするという、その独特の鍛錬法にあります。

五禽戯が誕生するはるか以前から、古代の人々は厳しい大自然の条件と闘いながら暮らしてきました。その中で自然界の動物の能力に大きな尊敬と羨望を抱き、その動きを模範とすることで、体を鍛え、厳しい環境に耐え抜く力を得ようとしました。

後に、華佗により、先人より伝えられてきた導引吐納術と養生思想、さらに中医理論の『黄帝内経』の陰陽五行説によって、体系化された養生法として「五禽戯」が生み出されました。

華佗五禽戯の虎戯、鹿戯、熊戯、猿戯、鳥(鶴)戯には、それぞれに楽しいストーリーがあります。

動物の動きをただ真似するというだけではなく、その動物それぞれの生活スタイルを研究した動きの構成、また『黄帝内経』の陰陽五行説をもとに五臓と五志(情緒)の関係を取り入れた意念(意識)の用い方、そして経穴や経絡を総合的に調節する効果のある五つの戯の全構成は、確かな養生効果と、精神の健康を保つ効果があるといわれています。

外科医でもあった華佗は、手術後の患者の早期回復の為のリハビリ法としてもこの五禽戯を取り入れ、自ら患者への指導にあたっていました。また、華佗の弟子であった呉普(ごふ)や樊阿(はんあ)などの人物も、五禽戯を長期的に鍛練していたことから、90歳を超えても耳も目もよくきき、歯は頑丈だったと言い伝えられています。

この医学的根拠と古人の智慧を秘めた華佗五禽戯は、確かな健康効果と、病気の予防、また症状の改善に対し、優れた効果があるといわれ、長生きの秘訣と称されています。

PAGE TOP